工藤阿須加さんと言えば、
名前を言われても分からないけど、

最近CMやドラマで良く見かける
事があるので、顔を見ればすぐに分かる、
と言うような新人のイケメン俳優です。






一番初めに注目されたのは、
ドラマの「ルーズベルトゲーム」
の中に出てきた、工場勤務だけど、
野球をやらせたらすごい、と言う
ちょっと暗い過去を持った青年でした。





その時のイケメンぶりもそうなのですが、
一般的な日本人よりも、目の色が少し違って
いて、緑がかっているとネット上でも
一時騒がれました。



最近女性の間では、カラコンを入れて
目の色を変える事は普通の事になっていますが、
男性では聞きません。工藤阿須加さんは
どうなのでしょうか?




<スポンサードリンク>






工藤阿須加さんの目の色はなぜ緑かかっている?





先ほどのドラマの中でも、
目の色が印象的と話題になって
いましたが、顔立ちは日本人です。



もうご存知の方も多いとは思いますが、
彼の父親は、元プロ野球選手の
工藤公康さんです。



工藤公康さんと言えば、
47歳まで現役のピッチャーとして
活躍した、スーパープレーヤー
です。


私も本当に小さいころに親と
西武ライオンズの試合を観に行った
事があるのですが、

何故か今でも
工藤選手が登板した事だけの記憶が
鮮明に残っています。



工藤選手の目の色も、
茶色がかっていましたから、
工藤阿須加さんもその
遺伝でしょう。



しかし、目の色が少し茶色い
と、なぜかミステリアスと言うか、
それだけで魅力がましますね。


ましてや180cmの高身長、
イケメン、親譲りのスポーツ万能
となれば、世間がほおっておかないですね。


<スポンサードリンク>






工藤阿須加の経歴は?




さて、そんな工藤阿須加さんですが、
経歴はどうなっているのでしょうか?


幼少期からスポーツ万能で、
学生時代には、世界も目指せるくらいの
腕前だったそうです。


ですがある時怪我をしてしまい、
プロの道はあきらめたのですが、

もしそのままプロに進んでいたら、
錦織選手とも同世代ですので、
とてもテニス界も盛り上がったかも
知れません。


プロテニスプレーヤーの道をあきらめ、
俳優への道へ転じ、デビュー作は
2012年、20歳の時にテレビドラマ、
「理想の息子」
でデビューしました。


その後も着々と実績を重ね、
ショムニ・大河ドラマ八重の
桜などにも出演していましたが、

やはり注目されたのは、
ルーズベルト・ゲームのピッチャー
役でした。



その後も多数のドラマに出演
していますが、CMでも、
三菱地所のコマーシャルが
印象的です。



まだまだ23歳と若いですし、
これからもどんどんと活躍して
行って欲しいですね。


ネット上の反応















<スポンサードリンク>




 カテゴリ

 タグ