So-net無料ブログ作成
検索選択

海外旅行のカテゴリ記事一覧

なにげない日常で起こるあり得ない話を独自目線で解説します!

カテゴリ:海外旅行

海外旅行のカテゴリ記事一覧。なにげない日常で起こるあり得ない話を独自目線で解説します!

海外旅行
北京の大気汚染がひどいですね。日本でも毎日P.M2.5の数値が発表されていますが、中国の大気汚染は確実に日本にも影響を及ぼしますので、本当に気になります。<..

記事を読む

海外旅行
みなさんインド料理と言えば、たいていはカレーとか、タンドリーチキンとか、だいたい、カレー味の物を思い浮かべますよね?インド料理屋にランチに行けば、小さい銀の器に..

記事を読む

海外旅行
私は仕事でインドに行く事があります。インドの料理と言えば、たいていはカレーと思い浮かべる人がたいだと思うのですが、意外とそればかりでは無いんです。では、そのイン..

記事を読む

北京大気汚染が2015年で最も深刻。赤色警報で生活出来ない?

北京の大気汚染がひどいですね。
日本でも毎日P.M2.5の数値が発表
されていますが、中国の大気汚染は
確実に日本にも影響を及ぼしますので、
本当に気になります。


<スポンサードリンク>





北京の大気汚染は、以前の北京オリンピック
の時にはもう既に騒がれていました。


その時から更に環境破壊と都市化が進んでいる
割には、全く対策が取られていないのでしょう。


「赤色警報」などと言う物も出て、
学校も連続で休校になっています。

住んでいる方々も大変だと思います。


大気汚染の「赤色警報とは?」



それでは、学校が休校になってしまう程の
状況とは一体どう言う物なのでしょうか?


赤色警報とは、深刻な大気汚染が
何日続くかと言う事を予測した日数に
応じて、色で4段階に分けているそうです。



その段階は「青」「黄」「オレンジ」「赤」
と別れており、「赤」は72時間以上汚染が
続くと予想された時に出る様です。


外にも出れない様な空気が3日以上
続くなんて、本当に息を吸っている
だけで病気になりそうです。


実際僕も仕事柄中国には良く行く
のですが、正直空気は悪いです^^;


<スポンサードリンク>





最初の頃は大気汚染と分からなくて、
中国はいつも曇っているな~なんて
思っていたのですが、行っている内に
どうやらこれは天気では無くて、

大気汚染が原因なのだと分かって
来ました。


僕が良く行くのは上海なのですが、
上海には高層ビルが立ち並んでいます。


上海の空港からその市街へ向かう時、
遠くからその光景が見えるのですが、
空全体にもやがかかっています。


夜は夜で、そのもやが霧の様に
見えたりするので、逆にきれいに
見えたりします^^;


だからと言ってそんなに息苦しい
とか感じる事は無いのですが、
毎日その空気を吸っていたくは
無いかなと思いますね。


テレビを観ている限りでは、
上海より更に北京は大気汚染が
ひどそうなので、特に子供を持つ
親は心配でしょう。



あくまで僕の予想ですが、今後も10年
単位ではこの状況が改善される事は無い
様な気がします。



何故かと言うと国民気質として、
まだまだ環境に気を使うより、
お金儲けをした方が良いと思う
人の方が多い様な気がするからです。


もちろんこれは私見です。

国の規制や対策がどんどん
進んで、環境汚染が早く無くなる
と良いですね


最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。


<スポンサードリンク>



 カテゴリ

 タグ

インドの料理と言えばカレー、カレーと言えばナン?いいえ本当はそうでも無いんです。

みなさんインド料理と言えば、たいていは
カレーとか、タンドリーチキンとか、
だいたい、カレー味の物を思い浮かべますよね?


インド料理屋にランチに行けば、
小さい銀の器に何種類か盛られたカレーに、
ナンとライスがセットで付いて来る、

なんて言うのが、一般的な日本における
インド料理なので、インド人はいつも
カレーにナンを付けて食べていると
思っている人もいるかと思うんですけど、

実はナンをいつも食べている訳では無いんですよ。

では、一体何を食べているのでしょうか?



<スポンサードリンク>






さて、インド人がナンばかり食べている
訳じゃないと言いましたが、では一体主食は
何なのでしょうか?

あ、ちなみに主食と言ってもインドは日本が
何個も入ってしまうくらい馬鹿でかく、
北と南では人種も違います。

ちなみに南の方では米が良く取れるので、
お米が主食らしいです。

ただ、米と言っても日本の様にもっちりとした
真っ白なお米ではありません。

もっと細長くて、パラッパラなイメージです。
それをカレーなどと一緒に皿の上で
混ぜて食べます。


そして本題のナンなのですが、ナンと言うのは
一般的には、外食時に食べる物と言う認識です。

なぜかと言うと、ナンって作るのがちょっと
面倒なのと、原料の小麦が精製小麦を
使うので、少し高いんですね。

ですから一般の家庭では、チャパティと
言うのを良く食べるようです。


<スポンサードリンク>





ナンとチャパティの違いとは?



では、ナンとチャパティの違いとは
何なのでしょうか?

ナンと言うのは、精製小麦粉を使用して
卵や油を混ぜた、生地を発酵させます。

そして最大の特徴は、タンドール窯の内壁
に伸ばした生地を貼りつけて焼き上げます。

一般的な家庭には、そもそもタンドール窯
が無いので、焼く事が出来ないと言うのが、
ナンは外食時に食べると言われるゆえんです。


それでは、チャパティと言うのはどう言った
ものでしょうか?

インド料理屋さんの食べ放題ランチのお店
とかに行けば、ご覧になった事もあるかも
知れませんが、ナンよりも随分小振りで、
平べったく、20㎝くらいの大きさの丸い
形をした、クレープよりはちょっと分厚い、
何て言うのを見た事が無いでしょうか?


あれが、チャパティです。
チャパティは全粒粉で作られ、特に卵
などを混ぜる事も無く、発酵もしません。


ですので、ナンの様にふっくらとはしない
のですが、その代り手軽にフライパン
焼く事が出来ます。

油も使用しないので、さっぱりとした
味わいです。

たいてい4等分くらいにされて、
ピザみたいな形で出てくるので、
ナンの様な見た目のインパクト
ありません。

ですので、若干地味と言えば地味ですが、
毎日食べるのにはちょうどいいのかも
知れません。

食べ方は、ナンと同じように
カレーに付けて食べればOKです。

ナンは結構バターが塗ってあったりして
胃がもたれるなぁなどと思っている方が
いたら、置いてあればチャパティを食べて
見る事もおススメします^^



<スポンサードリンク>




 カテゴリ

 タグ

インドの料理と言えば、カレーばかりではありません!

私は仕事でインドに行く事があります。
インドの料理と言えば、たいていはカレー
と思い浮かべる人がたいだと思うのですが、
意外とそればかりでは無いんです。

では、そのインド料理とはどう言った
ものか、色々とお話しして行きます。



<スポンサードリンク>






さて、インドと言えば、みなさんはどんな
イメージを持つでしょうか?

もちろんインド料理から始まり、
ガンジス川・ターバン・タージマハル
くそ暑い・混沌。

など、色々な言葉が出て来るかも知れません。
そして、良く言われる事が、インドに行った人は、
強烈にハマるか、大嫌いになるかのどちらか
って事です。


インドは、日本から直行便でデリー国際空港まで
約8時間。シンガポールなどを経由すると、
シンガポールで約3時間から5時間待ち時間が
あるので、12時間くらいかかります。

8時間と言うと、大体ハワイに行くのと変わりません。
ヨーロッパに行くには大体12時間位かかるので、
割と近いと言えば近いですね。


でも、僕は今までアジアからヨーロッパまで
20か国以上は行きましたが、インドほど特殊
と言うか、特殊な国はありませんでした。


先程も書いた通り、ハマるか、大嫌いになるかの
どちらかに分かれると言うのは良く分かります。

飛行機を降りるとまず感じるのが、
あの独特のインドのお香の香りが強烈に
鼻を突きます。

そして独特の暑くて湿った空気を吸うと、
あぁインドに来たなぁと思います。


そして、一歩空港の外に出ると、けたたましい
程の車のクラクションが鳴り響いているのが
聞こえて来ます。


日本などでは、よほどの事が無いとクラクション
など鳴らさないのですが、インドは何かあると
すぐ鳴らしますね。

朝から夜中までクラクションが鳴り響いて
いる感じです。


インドのことがマンガで3時間でわかる本改訂版 [ 関口真理 ]






そして、とにかく人が多い!
日本何かは都市部を除くと結構人なんて
まばらと言うか、車は走ってるけど、
歩いてる人は見ないなんて光景も見かける
のですが、

インドではとにかく人、人、人
です。都会はもちろん、ちょっと離れた街
でも、うじゃうじゃいます。


そして人がうじゃうじゃの中、街中に
牛が至る所に普通に歩いています。


聞いた所によると、特に誰かが飼っている
とか家畜ではなく、野生?で生きているんです。
まさに野良犬ならぬ野良牛です^^


牛がいるくらいですから、犬・豚・鶏・
猿とかが、堂々と人の生活の中に混じって
野生で暮らしています。


それどころか、ちょっと閑静な住宅街なんか
行くと、クジャクなんかも普通に歩いてたり
します。


まさにカオスと言うのは、
インドの為に作られた言葉だと思って
しまいます^^。



インド料理の事を話そうと思っていたのに、
インドのちょっとした事だけで、
ちょっとした長さになってしまいました。


まだまだインドの事は書ききれないので、
何度かに分けてインドの事は話して行きます、



<スポンサードリンク>



 カテゴリ

 タグ

Copyright © いつもの日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。