So-net無料ブログ作成

メルカリのカテゴリ記事一覧

なにげない日常で起こるあり得ない話を独自目線で解説します!

カテゴリ:メルカリ

メルカリのカテゴリ記事一覧。なにげない日常で起こるあり得ない話を独自目線で解説します!

メルカリ
最近一般の人にも認知されて来ているメルカリですが、僕もたまに出品しています。アマゾンの堅苦しさも無いし、ヤフオクのわずらわしさも無いので、結構楽しくやってます。..

記事を読む

メルカリ
今まで何回かに分けてメルカリの出品方法を記事にしていましたが、さらに分かって来た事があります。メルカリをやってみたいけど、まだ取り組めていない人が少しでも始めや..

記事を読む

メルカリ
前回の記事では、メルカリがどういう物かの説明と、出品方法までを書きました。今回の記事では、配送方法を書いて行きます。ある方法を利用すると、びっくりする程簡単に相..

記事を読む

メルカリ
最近テレビコマーシャルでも結構宣伝してるので、ご存知の方も多いかと思いますが、フリマアプリのメルカリと言う物に初めてトライしてみました。出品も驚く程簡単で、しか..

記事を読む

メルカリの出品は楽しいですよ

最近一般の人にも認知されて来ている
メルカリですが、僕もたまに出品しています。



アマゾンの堅苦しさも無いし、ヤフオクの
わずらわしさも無いので、結構楽しく
やってます。


転売をする人の間でもメルカリは熱い!
と言われていますが、最近何回かやって
みて、僕なりに分かった事をレポートしたい
と思います。



<スポンサードリンク>






メルカリは本当に気軽に始められるので、
僕の友達の女の子とかも着なくなった
洋服を売ったり子供の服を売ったりして
結構稼いでいる人もいます。



僕も知り合いのつてでもらった
サンプル品とか、いらなくなった本とか
を販売しています。



だからと言って、何でもかんでも
売れるかと言ったらそうでもありません。



気軽に始められる物ではありますが、
売れない物はま~ったく売れません。



たまにメルカリは出品して30分以内
には売れると言う話を聞くのですが、
逆に出品して1時間以内に「いいね」
も付かない様な場合は、永遠に
売れない事が多いです。



<スポンサードリンク>






メルカリはスマホアプリなので、
出品した時が勝負なんですよね。



1時間でも時間が経ってしまうと、
メインの画面には一切出て来なく
なりますので、検索とかカテゴリー
で見つけてもらうしかなくなります。



そうすると有名ブランドとか、
キャラクターなど、目につく
物でないと、一瞬の内に
スクロールされて終わりです。



実際僕が出品して売れた物は、
出品してすぐにいいねが付きだし、
6個7個と付いた段階で、1時間から
遅くても翌日には売れて行きました。



逆に1時間経っても売れない商品は、
何か月経っても売れません^^;



ですので、そう言った場合はちょっと
面倒ですが、一度削除して、値段を
少し落としてみるとか、写真をちょっと
工夫するとかすると、売れる確率は
上がると思います。



以上、又何か気づいた事があったら
記事にいたします。


<スポンサードリンク>



 カテゴリ

 タグ

メルカリで何回か出品してみて分かった事。

今まで何回かに分けてメルカリの出品方法
を記事にしていましたが、さらに分かって
来た事があります。

メルカリをやってみたいけど、
まだ取り組めていない人が少しでも
始めやすく出来る様に、ちょっとした
失敗談やこうした方がいいと言う事を
まとめてみましたので、読んでみて下さい^^


<スポンサードリンク>





メルカリと言う言葉自体を初めて聞くか、
又は聞いた事はあるけど、どんな物なのか
良く分からない人の為に簡単におさらいすると、

スマホのアプリ上で完結してしまう、フリー
マーケットです。

自分がいらなくなった物や、人にもらったけど
使わないもの、又は自分で買った価格より高く
売れそうなものなど、何でも売れます。

もちろん何でもと言っても、販売禁止の物も
ありますので、そこは規約を良く読んで下さい。


フリマのアプリも色々な種類があるのですが、
今一番勢いがあるのはメルカリだと思います。


いくら良い商品を販売していても、お客さんの
数が極端に少なかったら、売れませんね。


ですので、メルカリがおススメです。
と言うか僕はまだメルカリしかした事が
無いので、他のアプリに対して何か言える
権利はありません^^;


多分まだフリマアプリに出店した事が無い人は、
お客様とやり取りをしなければいけないとか、
入金の確認とか、色々面倒だと思っていると
思うんですが、その面倒な事はほとんどメルカリ
側がやってくれます。


出品もスマホのカメラで何枚か撮るだけ、
商品の状態は選ぶだけ、メルカリ便と言う
ヤマトのサービスを選べば、送付状も自動で
印刷、とほぼ面倒な事はしてくれます。


ですので、試しに何でもいいので、自分の
回りの物を一つでも出品してみましょう。


数回繰り返せば、流れは分かるはずです。



<スポンサードリンク>






メルカリを出品してみて、いくつか分かった事



とにかく出品してみて下さいとは言ってみた物の、
売れない場合だってもちろんあります。


僕が経験した感じだと、売れる商品は
出品後すぐに「いいね」が付き始め、
10個くらいいいねが貯まったら売れる、
と言う感じです。


最速で出品後3分で売れた物もありました。
売れる物は大体出品後数時間以内には売れて
行きます。


でも逆に、売れないものはいつまで
経っても売れません。

特に、出品後数日経ってしまった物は、
極端に売れる確率が落ちてしまうでしょう。


それは何故かと言うと、メルカリは出品後
すぐに画面に反映されるのですが、画像が
6マスしか1画面に載らないため、新しい商品
が出品されると、どんどん下に追いやられて
しまいます。

ツイッターとかフェイスブックみたいな物ですね。
新出品の場合は、カテゴリーも関係なく載せられるので
どんどん下に追いやられるんです。



もちろんカテゴリーで分かれているので、
そちらから見に来てくれる人もいるみたい
ですが、僕は出品後数日経って売れた物は
まだ無いです。



その場合は、どうするかと言うと、
なぜ売れないのかをまず考えます。

商品に魅力が無いのか、値段が高すぎた
のか、それとも客層にマッチしていないのか。。。


とりあえず値段の面も高いと思いますので、
その時は思い切って一度商品を削除して
しまいましょう。


そして同じ商品を値段を下げて再出品して
みます。

そうすると新商品と言う事で、画像がトップに
来ますから、又売れるチャンスが増える訳です。


それでも売れなかったらその商品には魅力が
無かったかも知れないので、潔く又出品取り
消しにするか、延々と出品し続けていつか
買ってくれる人を待つと言う手もあります。



ただ、その場合は売れた時の事を考えて、
最低でも1日一回はメルカリをチェックして
下さい。

そうしないと売れたのに送らなかったと
言う事で、ペナルティを受けるかも
知れません。

まあ、メルカリをチェックしないでも、
メールで売れました!と連絡が来るので、
普段使用しているメールであれば、
見落とすことは無いと思います。


ちょっと長くなってしまったので、
売れてからの事は次回の記事にします。

本日は最後までお読みいただき、
ありがとうございました!


<スポンサードリンク>



 カテゴリ

 タグ

メルカリの出品のやり方が、驚くほど簡単だった!配送編

前回の記事では、メルカリがどういう物
かの説明と、出品方法までを書きました。

今回の記事では、配送方法を書いて行きます。

ある方法を利用すると、びっくりする程簡単
に相手先に送る事も出来てしまうので、
是非参考にして下さい。



<スポンサードリンク>






さて、今回は配送の仕方から書いて行きます。

まず配送料の負担ですが、送料込み(出品者負担)
と着払い(購入者負担)の2つがあります。

これは当然、出品者負担の方がお客様の
反応は良い事は言うまでもありません。

気持ち販売価格に乗せるつもりで送料込み
にした方が、お客様も気持ちよく買える
と思います。

着払いにすると、買った上にさらにお金を
払うのかと言う気持ちになって、ちょっと
買う気が失せますよね。実際に他の出品者
さんを見てみると、送料込みにしている人が
多いです。


次に配送の方法ですが、さまざまな方法が
選べます。

らくらくメルカリ便
ゆうメール
ポスパケット
レターパック
普通郵便
クロネコヤマト
ゆうパック
クリックポスト
はこBOON

となっておりますので、荷物の
大きさなどを考えて、一番安い
方法を選びましょう。

一番簡単な配送方法は?



私がおススメする、簡単な配送方法
なのですが、上記の中では

らくらくメルカリ便

です。これを選択すると、商品が購入された
後に、らくらくメルカリ便で送るをクリック
すると、画面にQRコードが出てきます。

このQRコードを近くのヤマトの出張所に
持って行くと読み取り機があり、そこに
スマホ画面をかざすだけで出荷伝票が
出てくるんです。

それをお店の人に渡せば完了です。
しかも料金もメルカリ側に請求される
ので、その場で支払う必要もありません。

料金に関しても、他の宅配便に比べても
全国一律料金で、お安くなっていると
思います。全てメルカリアプリの中で
記載されているので、詳しくはそちらを
ご覧ください^^。


デメリットは、集荷には対応していない
ので、出張所が近くに無い場合はちょっと
面倒くさいかも知れません。

しかし、それを除けば、送料の安さ、
配送伝票を書く煩わしさが省かれるので
是非検討してみてください!



気になる料金設定は?



次に価格設定ですが、こちらは最も
悩むところだと思います。

価格設定に関しては、まずメルカリ内で、
似た様な商品が出ていないかチェックして
大体の価格相場を調べる事をおススメします。


あまり相場よりかけ離れた価格ですと、
売れなかったり、取れる利益を取り損なう
場合があります。

似た様な商品が無い場合は、
ちょっと高いかな~?と思うぐらいで
出した方が良いと思います。

そんな価格でパッと売れてしまう
場合もありますし、売れなければ
値下げをすれば良い事なので^^


お客様からの値下げには応じるべき?



値下げをすると言っても、設定で値下げを
する事は良いと思うのですが、
フリマだけにお客様から値下げの要求を
される事があります。

そのやり取りは全てコメント履歴に
残されます。

もしそこで、安易に値下げ要求に
乗ってしまったりすると、他の物を
買おうとした人が、この出品者は
値下げに応じると思い、毎回値下げに
応じなければならなくなる恐れがあります。


もちろん、そう言うやり取りが好きな
人は、少し高めに価格を設定して、
お客様との交渉を楽しむと言う考えも
出来ますので、その辺はそれぞれ自分の
スタイルで決めて下さい^^。

メルカリ出品の手数料は?



ヤフオク・Amazon・楽天とどこのサイトで
販売する時には手数料がかかります。

当然メルカリでも手数料はかかりますが、
こちらも比較的にお安いです。

まず、出品する際の手数料は一切かかり
ません。商品は売れるまでは基本的に
家においてあると思いますので、
倉庫の金額もかかりませんね。

かかるのは、販売手数料です。
売れた金額の10%が販売手数料と
してかかかります。

そちらは売上金額から自動で引かれる
ので、後から支払うとかはありません。

又、先ほどのらくらくメルカリ便の送料も
売上金から自動的に引かれます。

そちらを加味して、利益が残る金額設定を
して行きましょう!


一度やってみると本当に簡単です。
そして最初に売れてみると、次から
次へと出品してみたくなって来ます!

是非チャレンジして、メルカリライフを
お楽しみ下さい!



<スポンサードリンク>



 カテゴリ

 タグ

メルカリの出品のやり方が、驚くほど簡単だった!

最近テレビコマーシャルでも結構宣伝
してるので、ご存知の方も多いかと
思いますが、フリマアプリのメルカリ
と言う物に初めてトライしてみました。


出品も驚く程簡単で、しかも出品してから
5分で最初の商品が売れてしまったんです。

家にある不用品を処分するだけで、
ちょっとしたお小遣いになりますので、
興味のある方はトライしてみると
面白いかと思います。

そのやり方とは?



<スポンサードリンク>





まず、メルカリとは何かを知らない人の為に、
簡単に説明しますと、個人間で商品のやり取り
が出来る、スマホのアプリになります。


今まで個人間の取引と言えば、ヤフオクが
一般的ですね。


ただ、ヤフオクはご存知の通り
オークション形式で、価格が出品者の
思う価格で落札されなかったり、落札
されてもその後のやり取りが面倒だったり
と、買った事はあるけど、出品した事は無い
と言う人は多かったと思います。



ところがこのメルカリと言うアプリは、
オークション形式では無く、フリーマーケット
形式なんです。

つまり、何でも好きな物(制約はあります)
を出品出来る、価格は出品者が決められる、
時には値下げを要求される事がある、と言う
フリーマーケットの要素をそのままアプリに
してしまって、面倒なお金のやり取りは、
メルカリが代行してくれる、と言う
サービスです。


<スポンサードリンク>





それでもやっぱりやるのは面倒くさいな~
なんて思っていたのですが、メルカリを
やっている友達から、本当に簡単だから
やってみなよ、とその場でやり方を教えて
もらいながら登録してみました。


まず、スマホのアプリでメルカリを
ダウンロードして登録します。

それから、個人情報を登録します。

出品方法は、メルカリを開くと、
右下に出品と出てきます。


そこをタップするとすぐにカメラ機能に
切り替わりますので、出品したい商品を
撮影します。


4枚まで撮影出来るので、出来る限り
商品が細かく分かるように裏とかも
撮ってあげます。

それを撮りおわると、今度は商品の
詳細を入力して行きます。と言っても
選択肢が出てきますので、それを選ぶ
だけです。

次は商品名、商品の説明を入力しますが、
ここはちょっと丁寧に書いた方がいいです。

新品なら新品、中古ならどこに汚れがある
とか、何回くらい着用したけど、理解いた
だける方のみお買い求め下さいとか、
正直に書いた方が良いです。

あまり良くない状態の物を売りたい
がために良く書いてしまうと、後々の
トラブルの元になりますので、誇張して
書くのは止めた方がいいですね^^


次回の記事では、配送方法から書いて
行きます。



<スポンサードリンク>



 カテゴリ

 タグ

Copyright © いつもの日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。