So-net無料ブログ作成

経済のカテゴリ記事一覧

なにげない日常で起こるあり得ない話を独自目線で解説します!

カテゴリ:経済

経済のカテゴリ記事一覧。なにげない日常で起こるあり得ない話を独自目線で解説します!

経済
2015年の世相を表す「今年の漢字」に「安(あん)」が選ばれました(15日、京都市東山区の清水寺で)https://t.co/mGbkhntMpT pic.tw..

記事を読む

経済
梅田から始まった、雑貨屋のASOKOの閉店が決まった様です。オープン当時は店舗の壁画などが話題を呼んで、入店まで長い行列が出来るなんて事もあったのですが、これも..

記事を読む

経済
早い物でもう今年も残す所2か月となりました。ここ数年で一気に一般的な言葉となった、ブラック企業ですが、2012年からブラック企業大賞なるものがあったのがご存知で..

記事を読む

今年の漢字2015年の発表!「安」 その理由は安心してください!



今年の漢字2015年が、

「安」 と発表されました。



「安」と言えば通常は「安全」とか、

「安心」など、どちらかと言うと良い

イメージが多いです。



しかし今年はテロが世界的に頻発したり、

異常気象などで人々を不「安」に

陥れた事が多かったので、

マイナスの意味の「安」での

得票だったようです。



<スポンサードリンク>






「安」と言う漢字で言えば、

安倍総理のお名前も含まれて

いますので、インタビューでは

私の文字だと言う感じで、

嬉しそうに答えていました。



確かに人々を不「安」にさせている

事に一役買っているので、

間違いでは無いかも知れません^^;



明るい話題で言えば、やはり今年の

流行語大賞にもノミネートされた、

「安心してください、穿いてますよ」

から連想された人も多いと思います

ので、その辺はとにかく明るい話題で

良かったです。




その他に選ばれた文字も「爆」や、

「戦」と言う、戦争を思い起こさせる

様な言葉が選ばれています。



ちなみに、「爆」は中国人の爆買い

も含まれているようで、確かにあちら

こちらで爆買いと言う言葉を聞きました。


こっちの爆買いは、来年以降も続いて

欲しい所ですね^^。



<スポンサードリンク>






ちなみに3位以下ですが、

この様な感じになっています。




4位は福山雅治をはじめ、

結婚した芸能人が多かった。


5位は五郎丸ですね。



しかし5位に五を持って来るとは、

さすが五郎丸さん持ってますね。



ニュースでこんな発表があると、

ついつい自分の事を考えてしまい

ますが、僕は今年は会社を変わった

り、色々新しい事もやり始めたので、

「転」と言うですね。



みなさんはどんな漢字を思い浮かべ

ますか?


来年は「安心・安全」な年になって

欲しいですね。



<スポンサードリンク>


 カテゴリ

 タグ

ASOKO(あそこ)が全店閉鎖!梅田店を皮切りに運営会社も清算

梅田から始まった、雑貨屋のASOKOの閉店
が決まった様です。

オープン当時は店舗の壁画などが話題を
呼んで、入店まで長い行列が出来るなんて
事もあったのですが、これも時代の流れなの
でしょうか?



<スポンサードリンク>






僕は実は雑貨を輸入して、全国の雑貨屋
さんに卸す仕事をしています。


ですので、必然的に新しい雑貨屋は常に
チェックしていますので、ASOKOと言う
ちょっと変わった名前の店がオープンした
と言うのは、すぐに耳に入って来ました。



呼ぶのにかなり抵抗のある名前だった
んですけど、その頃ちょうどFLYNG TIGER
も日本に入って来て、プチプライスだけど
安いと言うコンセプトの店が流行り出した
時でした。


ですので、勝手にASOKOも、多分
海外の会社が日本語の名前を付けたん
だろうと勝手に自分に言い聞かせて
読んでいたんですけど、実は日本の会社
でしたね。


遊心クリエーションと言う元々はファッション
ブランドのYEVS(イーブス)を運営している
会社で、新たに雑貨ブランドのASOKOを
出したんですね。


そのYEVSも全て清算するとの事で、
YEVSが34店舗に対してASOKOは
4店舗ですから、どちらかと言えば
YEVSの方の経営がうまく行かなかった
可能性もあります。


2010年には日鉄住金物産と資本提携
して、海外進出も目指していたくらい
なので、急展開と言えば急展開です。


僕もASOKOの店を見に行きましたが、
正直カラーとかはポップで可愛いと思い
ましたが、なんだか結局ガラクタなんです
ね。


<スポンサードリンク>





プチプライスのダイソーとか、3COINSは、
安くてもしっかり使える物がほとんどですが、
買ったはいいけど家に持ち帰ったら使わない、
なんて商品が多かった様に思います。


こうなると気になるのはFLYNGTIGERですね。
北欧発とは言え、正直あんまり欲しいと思う
様な物は少ない気がしますので。。。


まあ、FLYNGTIGERはアフタヌーンティー
で有名なサザビーが今は運営しているので、
そう間違った事はしないと思いますが、


何しろ今は雑貨は売れません。
どこも苦戦しています><


一時的に北欧雑貨のお店なんて言うのも
イオンショッピングモールに出来て話題に
なりましたが、今じゃあんまり聞きませんし、
結構身売り話何ていうのもちょこちょこ
耳に入って来たりします。


まあ、雑貨は無くても困らない物の代表
みたいなものなので、景気には一番響いて
しまうんですが、心を癒してくれたり部屋の
雰囲気を少しだけ変えたりしてくれるもの
なので、何とか雑貨業界踏ん張って欲しいと
思います。



<スポンサードリンク>



» 

 カテゴリ

 タグ

ブラック企業大賞の2015年度がノミネート決定!果たしてグランプリは?

早い物でもう今年も残す所2か月と
なりました。

ここ数年で一気に一般的な言葉となった、
ブラック企業ですが、
2012年からブラック企業大賞なるものが
あったのがご存知でしょうか?



<スポンサードリンク>






初代王者は東京電力。これは東北自身の
後と言う事もあるでしょう。


2013年は、ワタミフードサービス。
もはやワタミはブラック企業の代名詞
ですね。


そして昨年の2014年はヤマダ電機。
これはあまり報道されなかったので、
知らない人も多いのではないでしょうか?
理由は様々報じられています。


ブラック企業大賞2015年ノミネートは?



そして今年のブラック企業大賞は、6社がノミネート
されています。

一社ずつ挙げて行きましょう。

株式会社セブンーイレブン・ジャパン



言わずもがな小売り最大の企業です。
コンビニ本部が過剰な搾取を加盟店側に
行い、そのシワ寄せがアルバイト店員に
来ているとの事です。


最近ではブラックバイトが社会問題化して
おり、学校へ通えない程過酷な労働を
しいらざるを得ない場合もあるようです。


ただこれはセブンイレブン1社と言うより、
コンビニ各社に言える事で、特に代表する企業
と言う事でノミネートされた側面もある様です。


暁産業株式会社



消防自動車、消防用設備などの販売、
保守点検を行う福井県の企業です。

社員数は44名ですので、中小企業です。
理由は未成年の従業員が上司からパワハラを
受けて、自ら命を絶ってしまったと言う事件
がありました。

こちらは企業と言うよりこの上司が圧倒的に
悪かった様な気がしないでもありませんが、
悪質な違法行為の多くは中小企業で起きている
から、選ばれたと言う事ですが、見せしめって
ところでしょうか?


株式会社フジオフードシステム



こちらの会社は、京都や大阪の関西圏を中心に、
「串家物語」や「まいどおおきに食堂」
などの飲食店や居酒屋を運営しています。

こちらは従業員の労働時間を改ざんして、
残業代を支払わなかったと言うのがその
理由だそうです。そんな事はどこでもやって
いそうですが、同社は労働局からの是正指導が
あったにも関わらず、違反行為を繰り返して
いたのが理由の様です。


<スポンサードリンク>






株式会社エービーシー・マート



こちらは聞いた事が無い人はいない位全国どこに
でもある靴屋の専門店です。

ABCマートは会社と労働者側との間で決めた
残業時間を大幅に上回って残業させたとして、
労働基準法違反の疑いで書類送検されました。

従業員を減らす一方、残った従業員には長時間
労働を強いているとの事です。

ちなみにABCマートは16年間最高利益を
更新し続けています。経営陣はウハウハ
ですね^^;


株式会社明光ネットワークジャパン(明光義塾)



こちらはTVCMとか電車広告などで見る
塾です。個別指導塾のパイオニアとも
呼ばれています。

同社は講師のアルバイトに、授業時間以外の
業務に時給が支払われないと言う事が常態化
していたと言う事です。

授業以外とは、準備・添削・片づけその他の
雑務です。それらを合わせると一時間くらいに
はなるそうですが、それを支払われないと、
バイトは辛いですね。


株式会社引越社関東



同社は、ありのマークの引越社のCMで
おなじみの引越業者です。

同社はつい最近幹部が労働者組合側を恫喝する
と言う動画がyoutubeで流れてしまい、200万回
近く再生されるなど、ダークなイメージがついて
しまったばかりの為に、余計痛いですね。

アリさんとは自らをブラックであると言う事の
まさにブラックジョークになってしまいました。


まとめ



ノミネート内容を聞いてみると、
まあ正直ある程度多くの企業で聞かれる
話と言うか、特にサービス業と言われる
企業はブラックで無ければ運営できない
程経営がひっ迫している所も多いのも事実
でしょう。

もちろん経営側が暴利をむさぼって、
不当に従業員に過剰な労働や賃金未払い
を行っている企業は、取り締まられなければ
なりませんが、やむにやまれずそうしている
所もたくさんあると思います。


従業員を満足させるためには、
全体的なサービスが高くならなければ
ならないし、企業にかかる税金の是正など
も考えなければならないでしょう。

特定の企業だけを取り上げてブラック
企業大賞などを決めても、ただのちょっと
したうっぷん晴らしになるだけの様な
気がするのは僕だけでしょうか?

最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました!


<スポンサードリンク>


 カテゴリ

 タグ

Copyright © いつもの日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。