テレビ朝日の朝の放送のグッドモーニング
ですが、ついつい気になって観てしまいます。

28日のお題は、寒くなったらお伝が美味しい
「おでんの語源は何?」
でした。

3択問題では、1.田んぼ 2.芸能 3.ちび太
です。さあ、答えは一体何でしょう?



<スポンサードリンク>





今回のおふざけ選択はもちろん「ちび太」ですね。
若い人は知らない人もいると思いますが、
赤塚富士夫先生の「おそまつ君」に登場した
脇役です。

ちび太が登場する時には、いつでも串にささった
おでんを持っていたので、おそまつ君を観て育った
世代は、一度はあのおでんを食べてみたいと思った
事があると思います。歳がバレますが^^;


ちなみにあのおでんは、こんにゃく・がんもどき・
鳴門巻きと言われています。


僕はてっきりちくわぶかと思っていました。
おでんに鳴門巻きが入っているのを個人的には
見たことが無いのですが、もし食べた事がある
と言う方は、是非コメントお待ちしております^^。


おふざけの解説はこの辺にして、
答えは、芸能です。

おでんとは、田楽が入った煮込み料理の事を
略した物です。田楽が何かというと、室町時代に
までさかのぼるのですが、その頃串に豆腐を指して
味噌を塗って焼く料理が流行りました。

その形が、田んぼで竹に乗って踊る田楽能に似て
いた事から、田楽と呼ばれました。

それが江戸時代になって、こんにゃくや野菜も
使われるようになり、醤油が普及した事によって
色々混ぜて煮込むようになったそうです。

それを総称しておでんと呼ぶようになったそうです。
そう言えば、高速道路のパーキングエリアに良くみそ
おでんが売っていて、焼いているのになんでおでん
なんだろうと思っていましたが、そちらが語源だった
んですね。



<スポンサードリンク>